診療案内

ホーム > 診療案内 > 顎関節症

顎関節症

噛み合わせの悪さ。その原因は顎関節症かもしれません。

原因は顎関節症かもしれません

顎関節症は、様々な症状が複雑に絡み合って発祥する症状といわれています。

  • ・口を開けると顎が痛い
  • ・大きく口が開けられない
  • ・口を開けるときに顎から音がなる
  • ・食事をするときに片側だけで食べている
  • など原因や症状は様々です。
  • 上記の症状などでお困りの方がいらっしゃいましたら、一度ご相談ください。

    ストレスと噛み合わせの関係

    ストレスを受けやすい生活を送っている場合、噛み合わせが悪化する原因となり、さらに全身に影響を与える場合もあります。

    ストレスを受けやすい生活環境からの疲労が発生する。

    矢印

    過度のくいしばり・歯の接触の習慣(TCH:Tooth Contact Habit)・睡眠中の歯ぎしり・眠りが浅くなる。

    矢印

    肩、首のコリ・手指のしびれ・顎の筋肉・関節の異常などの症状が表れる。

    さらに心理的ストレスが続くと、睡眠時間が短くなったり、日中に耐え難い眠気に襲われたり、筋拡張性頭痛が発生する場合があります。

    噛み合わせによる磨耗

    噛み合わせによる磨耗

    顎を動かしたときに下顎が前方にスライドせずに水平にずれるために、上下の臼歯部が臼状の接触を起こすことで、顎の筋肉や、関節などに大きな負担がかかりやすくなります。

    また、歯のすり減りが大幅に進行し、セラミックなどを入れている場合は歯折(はせつ)を引き起こしたりする場合があります。場合によっては、金属の芯が入った歯根がひび割れを起こす場合もあります。特に非常に強い噛み締めや、歯ぎしりの癖をもっている人は、症状が大きく表れる場合があります。

    正しい噛み合わせを維持することが健康維持の重要なポイント

    健康維持の重要なポイント

    正しい噛み合わせを行うことで毎日食べたくなるものを自然に食べられたり、噛んだときに発生する刺激が脳へと伝わり、さらに各器官へと色々な指示を送っています。

    しかし、噛み合わせが悪いとうまく噛めなかったり痛みが出るだけでなく、神経や筋肉・関節などに障害をきたし、悪化すると不眠傷害などが発生してしまいます。

    まさに「正しい噛み合わせを維持することが健康維持の重要なポイント」といえます。

    顎関節症(噛み合わせ)の治療

    スプリント療法

    一時的に噛み合わせを修正したマウスピースを夜に装着することで、顎の関節に対する負担を抑え、全身の症状を軽くしていきます。

    詳しい検査が必要な場合、噛み合わせの治療・顎の関節のレントゲン・口腔内写真・スプリント用の歯型などをとります。

    2回目に来院された時に、検査結果の説明、顎のズレを修正するためのスプリントを調整し、装着します。 2回目以降は1ヶ月に1度調整を行うためにご来院していただくことをおすすめしております。

    その後、経過を診て、2~3ヶ月に一回、半年に一回と定期検診にお越しください。

  • メールフォームはこちら
  • 医院概要/アクセスはこちら