診療案内

ホーム > 診療案内 > 歯周病

歯周病

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは歯周病菌が引き起こす感染症です。

歯周病菌が少しでも口の中にいれば発生するわけではなく、歯周病菌に対して体質が弱い場合や、発生しやすい環境が重なることで発症するといわれています。

歯周病菌の発生する条件

歯並びが悪い、合わない修復物が口の中にある、タバコを吸う、糖尿病にかかっているなど。

主な症状

起きたときに口の中が粘つく、口臭がある、歯ぐきが腫れる、歯を磨くと出血する、硬いものが噛めない、膿が出るなど。

歯周病進行の流れ

1.歯肉炎

歯肉炎は歯ぐきの病気です。歯周病が進むと、歯の周りの組織が破壊され歯を支えきれなくなります。

お口の中を不潔にしていると、歯と歯肉の境目の歯肉溝にプラークが溜まり、炎症を起こし、赤く腫れます。

これが歯周病の始まりの歯肉炎です。

2.軽度歯周炎・中等度歯周炎

そのまま放っておくと、菌がどんどん増え歯周病菌の勢いが強くなり、歯槽骨が破壊されます。

このような症状のことを歯周炎といい、「歯肉炎」と「歯周炎」を合わせて歯周病と呼んでいます。

3.さらに進行が進むと…

歯を支えている骨が破壊され歯がグラグラになり、最終的に抜けてしまいます。

歯周病は予防が大事です。

歯磨き指導を中心に、歯ブラシの選択・歯磨剤の選択など個々に合わせて指導いたします。

PMTC

PMTC【Professional Mechanical Tooth Cleaning(専門家が行う機械的な歯の清掃)】とは、歯磨きだけでは行き届かない部分を専用機器を用いて綺麗にすることです。

PMTCを行うことでプラークを除去し、歯周病や虫歯・口臭の予防だけでなく光沢のある綺麗な歯になります。

  • メールフォームはこちら
  • 医院概要/アクセスはこちら